なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
86

「中華そば」@井出商店の写真和歌山で食べる初めての和歌山ラーメン。関東で和歌山を謳うラーメンは何度か食べていますが、いずれも醤油味の濃い豚骨スープで、背脂が浮いていたりしてかなりコッテリ感があるものでした。
さて、本場の老舗、ここは和歌山でも豚骨ベースの濃厚系に属するようですが、関東のものよりずっとスッキリしています。関東でいう鶏ガラの支那そばの豚骨版という感じでしょうか。今までの和歌山ラーメンに対する勝手なイメージが変わりました。特別なインパクトはないのですが、いつまでも飽きられない、王道の味だと思います。
すしは卓上に置いてあるものをセルフで取って、最後にまとめて会計するスタイル。巻きすしもありましたが、早すしの方をいただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。